COIN TOKYO

¥805,209
BTC -0.11%
¥16,091
ETH +0.04%
¥24.15
XRP +0.33%
¥23,035
BCH -0.25%
  • 2019/11/11
  • 2019/11/11
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

Perlin(PERL)ブロックチェーンで貿易ビジネスを効率化へ│シンガポール政府やDBS銀行が主導

このエントリーをはてなブックマークに追加
シンガポール政府やDBS銀行-貿易ブロックチェーンプラットフォームを主導=Perlin(PERL)が支援 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
シンガポール政府組織やDBS銀行が主導したオープンソースのブロックチェーン貿易プラットフォーム「ICC TradeFlow」がまもなくテストローンチを迎える。プラットフォームの最初の取引となる2000万ドルの鉄鉱石は、11月にアフリカから中国に出荷される。先週、国際商品取引市場大手Trafiguraグループが発表した。

ブロックチェーン商品取引プラットフォーム

DBS銀行やTrafiguraは、情報通信メディア開発庁(IMDA)、国際商業会議所(ICC)、エンタープライズ・シンガポール(中小企業支援機関)、およびTradetech Perlinと協力して、国境間の貿易パートナーを結び、マニュアルな貿易プロセスの合理化を目指している。

DBS銀行の機関銀行業務部長Tan Su Shan氏は、新たなソリューションがタイムリーで効率的なキャッシュフローと資本管理を促進し、取引の高速化と最適化された資金調達に対する顧客のニーズを満たすと語った;

「従来の貿易金融ビジネスをより効率的にするためにデジタルソリューションを共同で作成し、お客様は事務処理を大幅に削減し、商品を少なくとも50%早く受け取ることができます。」

ICC TradeFlowは、既存および将来のデジタル取引プラットフォームと相互運用できるように設計されている。IMDAのTradeTrustネットワークインフラストラクチャ上に構築され、Perlin(PERL)のブロックチェーンテクノロジーを搭載する。

ブロックチェーンプラットフォーム上のすべての関係者は、取引指示をリアルタイムで送受信、および実行でき、エンドツーエンドの取引文書のトランジットタイムを45日から20日に半減する。

通商産業省の機関エンタープライズシンガポールのアシスタントCEO、サトビンダーシン氏は「このパートナーシップは、シンガポールの主要な商品取引ハブとしての地位を強化する、新しいイノベーションを促進する可能性がある」と述べた。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る