COIN TOKYO

¥803,926
BTC -0.38%
¥16,085
ETH -0.08%
¥24.12
XRP +0.00%
¥23,072
BCH -0.29%
  • 2019/11/11
  • 2019/11/11
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

暗号資産デリバティブの取引増加に警戒示す-ドイツ金融監督庁BaFin

このエントリーをはてなブックマークに追加
暗号資産デリバティブの取引増加に警戒示す-ドイツ金融監督庁BaFin+仮想通貨ニュースサイト コイン東京
7日、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が、暗号資産を基礎とするデリバティブに関する市場調査を実施している。レポートを公開し、市場関係者に12月13日までに回答を求めた。

暗号資産デリバティブの増加

調査は、すべての市場参加者、投資家、消費者保護協会、プロバイダー、発行者、および利益団体を対象とする。リリースでBaffinは暗号資産の急速な市場拡大に警戒感を示した;

「近年の暗号通貨の数と総量の増加、関心の高まりに伴い、暗号資産を基礎とするデリバティブの供給(証券、差金決済取引(CFD)も増加している。同時に、国際規制当局は未規制の暗号資産についてますます警告している。」

BaFinは、暗号資産のパフォーマンスを追跡するデリバティブに対する警戒感を表した。

増加する暗号資産デリバティブ取引 引用:BaFin
増加する暗号資産デリバティブ取引 引用:BaFin

「ドイツでは暗号資産を使用した証券発行が明らかに増加している。投資製品とレバレッジ製品の両方が提供されている。2018年8月~2019年1月の間にドイツで個人投資家のCFD取引が72パーセント増加したことが確認された。暗号資産を追跡するCFDの取引量は、同期間で32%増加した。」

Baffinは5つのカテゴリーで合計19の質問を設け、市場参加者に12月13日までにEメールなどで回答の提出を求めた。

金融監督統合法(FinDAG)によると、BaFinは消費者の集団的利益を保護する義務がある。この背景から消費者保護の問題に関する市場の状況を監視、および分析している。

暗号資産デリバティブへのアクセス

今年の春、ドイツ第2位の証券取引所であるBoerse Stuttgart(ボルセ・シュトゥットガルト)は、暗号資産の価格に連動した上場投資証券(ETN)の取引を開始した。Boerseは現在、スウェーデンの投資信託XBT Provider AB社が組成するビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)の証券を上場している。

Boerseはまた、今年初めにビットコインなどの現物仮想通貨が取引可能なモバイルアプリ「BISON(バイソン)」をリリースした。

6月以降、スイスのプライベートバンクVontobel(ボントベル)が発行したBTC、ETH、XRPのミニ先物も、伝統的な株式市場からアクセスできるという。

最近、英国の金融行為規制機構(FCA)は、個人投資家向け仮想通貨デリバティブ取引サービスの全面的な禁止を提案した。協議は10月3日に終了し、2020年初頭にその判断が予定されている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る