COIN TOKYO

¥778,666
BTC -0.03%
¥15,617
ETH -0.03%
¥23.89
XRP +0.41%
¥22,596
BCH +0.02%
  • 2019/11/21
  • 2019/11/21
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は10月末からレンジ相場を継続!近々次なる展開が起きるのか?リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【11/21】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【11/21】
リップル(XRP)は10月末よりレンジ相場を継続しています。本日11月21日までに揉み合いの値動きを続けながら移動平均線の乖離が縮まっているリップル(XRP)は近々次なる展開を迎えることになるのでしょうか?チャートを確認していきます。

レンジ相場を継続しているリップル(XRP)は移動平均線との乖離を縮めつつある

リップル(XRP)の対BTC日足価格チャート

(TraidingViewのXRP/BTC 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。10月27日より0.000029BTC台をサポートラインとしたレンジ相場を形成しているリップル(XRP)、本日11月21日までにサポートラインへ接触する度に長い下ヒゲを伴うローソク足を形成しており、下値は非常に硬い印象を与えています。

しばらく揉み合いの値動きを続けているリップル(XRP)ですが、その上値は徐々に20日移動平均線との乖離を縮めており、まもなく上値は20日移動平均線に接触する見通しとなっています。

今後も20日移動平均線のベクトルは下方へ傾く見通しとなり、仮にリップル(XRP)が現価格帯でのレンジ相場を継続する場合、相対的に移動平均線を下回ることになります。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)の対USD日足価格チャート

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。対法定通貨のリップル(XRP)チャートでは11月7日以降、下降チャートを形成しています。

2018年以降サポートラインとして複数回機能しているラインまで下落しているリップル(XRP)は11月19日以降、下落の勢いを弱めています。

サポートラインになりやすい価格帯で下落の勢いを弱めているリップル(XRP)ではありますが、出来高の視点で現在のチャートを見た場合、出来高の反応は小さいものとなっています。

サポートラインに接触しながらも、強い出来高の反応を見せていないリップル(XRP)は今後更に下値を更新する可能性もあるでしょう。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

0.000029BTC台をサポートラインとしてレンジ相場を形成しているリップル(XRP)はサポートラインに接触する度に長い下ヒゲを伴うローソク足を形成しており、サポートラインは固いものとなっています。

その中で本日11月21日までに徐々に20日移動平均線に接触しつつあるリップル(XRP)は、今後売り圧力を受ける可能性があります。

そのため次にサポートラインに接触した際には注意が必要です。

これまでと同様に長い下ヒゲを伴うローソク足を形成できれば、レンジ相場が継続される可能性がありますが、下ヒゲを伴わない場合、下降チャートへ切り替わる場合があるでしょう。

またサポートライン接触後、そのまま下降チャートを形成する可能性もあるため警戒が必要です。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

今後注目する価格帯として、上値は20日移動平均線が推移する0.0000314BTC台に注目です。

また下値に関してはこれまでのサポートラインである0.000029BTC台に注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

リップル(XRP)を取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る