COIN TOKYO

¥988,017
BTC +0.10%
¥18,829
ETH +0.28%
¥25.87
XRP +1.45%
¥32,929
BCH +0.25%
  • 2020/01/11
  • 2020/01/11
  • コイン東京編集部

CMEビットコイン先物の建玉が昨年6月の高水準に-「オプションリリースに機関の高い関心ある」とJPモルガン

このエントリーをはてなブックマークに追加
CMEビットコイン先物の建玉が昨年6月の高水準に-「オプションリリースに機関の高い関心ある」とJPモルガン +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
JPモルガン・チェースによると、13日(現地時間)のCME(シカゴ商品取引所)による新しいビットコインオプション契約の開始は機関投資家から高い関心を集めている。11日にBlloombergが伝えた。

プロトレーダーが使う仮想通貨取引所!
世界基準の安心・操作性を求めるならBitMEX

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

CMEビットコイン先物の建玉が昨年6月の高水準に

オープンインタレスト(未決済建玉:取組高)は12月31日の3186枚から1月7日に5400枚(1枚5 BTC=27,000 BTC:243億円相当)に増加した(ロングもショートも共に増加)。 引用:CME
オープンインタレスト(未決済建玉:取組高)は12月31日の3186枚から1月7日に5400枚(1枚5 BTC=27,000 BTC:243億円相当)に増加した(ロングもショートも共に増加)。 引用:CME

ニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所の新会社Bakktは12月にオプションを開始したが、取引量と建玉は「やや小さい」とJPモルガン・チェースのストラテジスト、ニコラオス・パニギツォグロウ氏は語る。

2017年にビットコイン先物をリリースしたCMEは規制された取引所として独占的なポジションを確立している。オプションの「根底にあるCME先物の取組高には段階的な増加が見られた」とパニギツォグロウ氏は指摘した。2019年末からの数日間に建玉は69%増加し、大規模な投資家が参加していると続けた;

「過去数日間のこの異常に強い活動は、市場参加者のオプション契約への高い期待を反映している可能性が高い。」

暗号資産取引所Bitstampによると、ビットコインは土曜日に4.77%上昇して8,064.62ドル(887,040円)で取引されている。

JPモルガンによると、ビットコインの『本質的な価値(Intrinsic value)』も上昇している。JPモルガンはビットコインを商品(コモディティ)として扱い、マイニングに使用される計算能力や電力コストなどの限界生産コストに基づいて、『本質的な価値』を算出している。昨年後半にビットコインは下落したが、依然として指数は市場価格を下回ったままである。

「市場価格はピーク時から40%近く下落したが、本質的な価値は10%上昇した」とパニギッツォグロー氏は書いた。しかし、彼は「ギャップはまだ完全には閉じておらず、下振れリスクが残っていることを示唆している」と加えた。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る