COIN TOKYO

  • 2020/04/07
  • 2020/04/07
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)チャートはレンジ相場から遂に上放れ!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【4/7】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
3月20日以降レンジ相場を形成していたビットコイン(BTC)ですが、4月に入り、レンジ相場価格帯ながらも徐々に強気相場が意識される展開となっていました。4月6日には遂にレンジ相場のレジスタンスラインを上方へ抜け、上値の更新を見せています。ビットコイン(BTC)は今後更に上値を伸ばすことになるのでしょうか?

ビットコイン(BTC)は上昇後、長期移動平均線に接触!更に上値を伸ばせるのか?

ビットコイン(BTC)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。3月20日より長くボックス相場を形成してきたビットコイン(BTC)でしたが、4月に入り複数の強気相場シグナルの出現によりレンジ相場上抜けの期待が高まっている相場でした。

本日4月7日までに遂にレンジ相場を上方へ抜けたビットコイン(BTC)は、現在上値を81万円台まで伸ばした形となっています。

ビットコイン(BTC)にとって、81万円台という価格帯は75日移動平均線が推移する価格帯であり、一度上昇の動きを止めやすい価格帯でもあります。

次なるレジスタンスラインへ切り替わる価格帯まで上昇したビットコイン(BTC)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

本日4月7日までに上昇チャートを形成したビットコイン(BTC)は、現在75日移動平均線が推移する81万円台まで上値を伸ばしています。

一度溜まった買い注文量が解消されやすい価格帯へ辿り着いたビットコイン(BTC)、今後一度買い注文を手放した取引者の買戻しが起こるかどうかがポイントとなります。

ビットコイン(BTC)相場にとって、強気相場意識を継続させるポイントとしては下値をどこに形成するのかということになります。

特に3月20日以降から機能していたレジスタンスライン77万円台はサポートラインとして機能しやすい価格帯であるため注目が必要です。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後の値動きとして、75日移動平均線に接触したことにより、一度買い圧力を弱めやすい状況にあります。

その中で前回のレジスタンスラインである77万円台で下値を止めることが出来る場合、相場は強気相場意識が継続されることになり、75日移動平均線突破を試みる展開が取られやすいでしょう。

また浅い下値の形成は、一目均衡表の雲を下回ることもないため、一目均衡表の観点から不安視する必要もなくなります。

仮に下値を大きく落とす場合、そのまま一目均衡表の雲がレジスタンスラインとして機能する場合があるため注意が必要となります。

ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後のビットコイン(BTC)相場にとって、注目したい価格帯は、上値に関しては81万円台となります。

下値に関しては77万円台のサポートに期待しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る